最新記事一覧

最初の印象を大きく左右

女性

撮るときのコツ

タレント、歌手、俳優、女優と芸能界で働く仕事は様々なものがあります。たいていは芸能事務所に所属して、そこから仕事をもらうことになります。素人が応募できるオーディションもありますが、長い目で見ると芸能事務所に所属することを目指す方が早道です。芸能事務所に入るためにもオーディションがあるのが普通です。オーディション前には書類審査があり、書類審査には写真が必須です。人に見られることが前提の仕事なので、写真は非常に大きなウエイトをしめます。書類審査を突破するためにも、写真は計画的にしっかりと用意するのがおすすめです。オーディションにはバストアップ写真と全身写真が必要なことが多いです。バストアップとは上半身だけを撮るもので、全身はその名の通り全身を撮るものです。それぞれ、表情、顔つき、スタイルを確認するために使われます。家族や知人に撮ってもらうという方法もありますが、できたらプロのカメラマンに撮ってもらう方がよいでしょう。プロに頼む方が質の高い写真が撮れますし、第三者からみた魅力も把握しやすいためです。撮るときはメイクやスタイリングにも気を使う必要があります。メイクは年齢に応じたメイクをすべきですが、基本的にはナチュラルメイクがよいでしょう。厚化粧だと顔や表情もわかりにくいですし、若い人は魅力が半減することにもなります。服装などは体のラインがわかりやすいものが基本です。できたらメイクやスタイリングからプロに依頼するのがベストといえます。

Copyright© 2018 子役への夢を叶えよう【オーディションで気を付けたいポイント】 All Rights Reserved.