最新記事一覧

素の自分を表現する

オーディション

基本的なこと

何かしらのオーディションに応募するのであれば、履歴書の他に写真も一緒に送るのが一般的です。ただ、初めてのオーディションだと、どのように写真を撮れば良いのかわからないといった場合もあるでしょうから、基本的なことだけでも覚えておきたいものです。まず、オーディションに送るなら、全身写真が基本です。これは頭のてっぺんから足先までを写したもので、スタイルや何頭身なのかを見るために使います。決してモデル並みのスタイルの人ばかりが合格するわけではありません。ドラマや映画では、いろんな登場人物が必要ですから、無理して良く見せようとする必要はないのです。何より修正しても、実際に会えばすぐに嘘だとわかりますから、ありのままの姿を撮るようにしておきたいです。それからオーディション用の写真は、いわゆるバストショットと呼ばれるものも撮っておきましょう。胸の下あたりから顔を写した写真のことで、全身写真よりも表情がわかります。バストアップ写真を撮る時のコツとしては、特に女性は髪の毛をまとめないことです。どれくらいの長さがあるのかを知りたい場合もあるからで、できれば毛先を体の前に垂らしておくのが無難です。また、オーディションによっては、笑顔で撮るように指定されていることも少なくないです。その場合は単に口角を上げるのではなく、歯を見せるようにします。歯並びを見たい可能性が高いからで、上と下の歯を見せるつもりで撮影しましょう。

Copyright© 2018 子役への夢を叶えよう【オーディションで気を付けたいポイント】 All Rights Reserved.